「お墓探しコミュニケーション」へようこそ♪

お墓探しの決定版サイト「お墓探しコミュニケーション」へご訪問いただき誠にありがとうございます。
まずは豊富なサイドメニューをご参考にしてみてください。

 

全国には数々の霊園があり、そしてお墓にも種類があり、これらは事前に基礎的な知識を持っておく必要があります。
間違った知識のままお墓探しをしてしまうと、後になって後悔をしてしまうことになるのでご注意ください。
お墓を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的なお墓を見つけることが出来ます。
あまりにも多くお墓がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。

 

実際にお墓を建てる権利を購入し、結局お墓参りが大変で後々後悔をしてしまっている人がいます。
だからこそ、立地条件は非常に重要であり、まず最初に頭に入れておかなければいけないことなのです。




- 注目サイト一覧 -

メルマガ 比較の紹介
メルマガ 比較の専門
URL:http://mailhaishin-hikaku.com/point/



お墓探しコミュニケーションブログ:02-10-2014
あたし達夫婦の愛するむすめは、1歳5ヶ月になりました。

生まれてから丸1年と5ヶ月が過ぎたわけですけど、
その間、ずーっと、あたしや妻をはじめ
おじいちゃん達、おばあちゃん達に
「かわいい、かわいい」と言われながら育ってきています。

父母バカなのは大目に見ていただくとして、
普通、同じものを1年以上も同じ気持ちで、
あるいは、その気持ちを成長させながら
持ち続けることは難しいものですよね。

美人は三日で飽きる…なんて言葉もあるように、
どれだけ良いものでも、
単一的な見方ではどんなに良いものでも
必ず飽きが来て退屈してしまいます。

でも、子どもの成長はすごく早いんですよね。
昨日まで出来なかったことが、ある日突然出来るんです。

その変化に驚かされ、そして、その変化に
「すごいなあ」と「かわいいな〜」が続いていきます。

父母から言えば、早く成長してくれるのは嬉しいけれど、
子どものかわいらしさが変わってしまうのは
惜しい気もします。

2歳になる子どもを持つ友人がしみじみ言ってました。
「歩き始めて色んなことを自分でし始めると、なんか無性に寂しくなる…」

もっと大きい子どもを持つ友人が言ってました。
「初めて幼稚園に子どもが行った日は、こっちが寂しくて泣かされたわ」

子どもの成長を見ていると
「今、この瞬間」に対する思いは深まります。

最近あたしがよく思うのは
「1歳5ヶ月のむすめは今しかいないんだな」ということ。

それと同時にあたしの妻に対しても、
周りの人たちに対しても、自分自身に対しても、
「今の○○は、今しかいないんだな」
ということに気付かされます。



お墓探しコミュニケーション モバイルはこちら